コインパーキングを失敗しないために

コインパーキングの種類は2種類

コインパーキングの種類は2種類

土地を活用して利益を出す方法として、比較的簡単に行うことができる方法として、駐車場を経営する方法があります。
注目されている分野になり、空いている土地を持っている方ならば、是非利用してみる方法で利益を生み出すことができます。
駐車場の中でも人気のスタイルにはコインパーキングという方法があります。
月極と比較されることが多いものですが、コインパーキングの場合では繁華街など人や自動車の多い場所に向いている経営方法としても知られています。
実際には2種類のものが用意されていることも特徴になり、1つは正面に出入り口を設けており、その場所には遮断機となるゲートが設置されているタイプです。
利用者は事前に精算機で精算を済ませることで、ゲートが自動的に開閉するタイプになります。
もう1つは各駐車スペースに対して板状のロックが設置されているタイプがあります。
自動車1台ごとにロックを行う方法になり、出入り口は常に開放されている方式です。
初期投資にかかる費用が変わってくるので、駐車可能な台数によって決めることがおすすめです。

月極め駐車場の収入とコインパーキングの収入

月極め駐車場の収入とコインパーキングの収入

他人に駐車スペースを貸して対価を受け取る方法では、1ヶ月単位で契約する月極駐車場と、時間単位で契約するコインパーキングの2つが代表的です。
これらを収入面で比較すると、安定した収入を得やすいのはコインパーキングといえます。
一般的なコインパーキングでは、土地の所有者は運営業者に2~5年程度の長期にわたって自らの土地を営業スペースとして提供し、その対価を賃料という形で受け取ります。
そのため、土地の賃貸借契約が続く限り、所有者には賃料という形でお金が入ります。
これに対し、月極駐車場は所有者自身が相手に駐車スペースを貸し出す形式であるため、ある利用者との契約が終わると、次の利用者があらわれるまではお金が入ってこない状況が生じることがあります。
月極駐車場で安定した収入を維持するためには、経営者である土地所有者自身が、常時駐車場が稼働した状態を維持できるよう努力をしなければなりません。
この点が、労力を使わずに一定のお金を得られるコインパーキングとの大きな違いです。